300円&2分でつけられる!ハイエースのカーテンレールDIY

カーテンレール DIY
カーテンレール


今回は、ハイエースHack

ハイエースに、なんと2分・300円でつけられる超実用的な間仕切りカーテンレールをご紹介いたします。

[トヨタ ハイエースバン]間仕切りカーテンf(^_^)
みんカラ(みんなのカーライフ)とは、あなたと同じ車・自動車に乗っている仲間が集まる、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)です。


こちらのサイトを参考にさせていただき、私も愛車「エースさん」にDIYしてみたところ、超実用的でそのまま採用決定となりました。

ハイエース間仕切りハイエース取付け

ハイエースカーテン取付 : 必要な部品

今回必要な部品は、

  • 突っ張り棒 1本(標準ボディの場合は120cm)
    私は、ダイソーの70cm~120cmの突っ張り棒を使用しました。110円
    ワイドボディ車は、以下取り付け方をご参考に、ご自身で測定ください
  • イレクターの部品 J-113A 2個 

以上です。

結論から言うと、イレクター部品でBピラーに土台を作り、そこに突っ張り棒をする。というものです。
非常に簡単にカーテンレールを設置することができます。


イレクターとは、矢崎工業が出している、パイプとジョイントとの組み合わせにより、いろいろなカタチをつくることができる組立素材です。
↓こんなやつ。


今回は、イレクターのパイプではなく、イレクター用の以下の部品を使います。
色も、黒・アイボリー・グレーの3色あるので、ダークプライムでは黒・その他はグレーなど、お好みに合わせてご選択ください。

J-113ASBL ヤザキイレクター プラスチックジョイント ブラック 1個入り (ポール用板受け Aタイプ/28mmφ用) イレクターパイプ [J113ASBLヤザキ]

イレクターのパイプや部品は、大きなホームセンターであれば販売していると思います。(私はジョイフル本田で購入しました)

カーテンレールの取付

  1. イレクターの部品を、Bピラーに差し込みます
  2. これを土台に、突っ張り棒をする

たったこれだけです。

イレクターの部品を、Bピラーカバー(1列目の後ろにある柱のカバー)に差し込みます

hiace.fun

このBピラーの真ん中にはクリップがあり、クリップの前方か後方、いずれかに差し込むことになります

hiace.fun

座席との干渉を考えると「後方側」に設置がおすすめですが、
フリップダウンモニター装着車は「前方側」に付けないとフリップダウンモニターが干渉してしまいます。

フリップダウンモニターとの距離感

私の車両には、フリップダウンモニターを装着していますので、「前方側」にはめました。
フリップダウンモニターとの距離感はこんな感じ。

hiace.fun

別途、カーテンも自作したのでその方法も後日公開しますが、カーテン・カーテンレール合計で4,000円以下と、非常にコスパのDIYとなりました。

難易度も低いので皆さんにもお勧めです

完成写真

カーテン装着した状態はこんな感じです。急いで撮影したのでちょっとしわしわに見えてしまいますが、質感はかなりイイですよ!

hiace.fun

コメント

タイトルとURLをコピーしました